中居正広さんの体調記事まとめはコチラ

香川照之【性加害】なぜ今報道?政府の陰謀でトヨタのイメージダウン?

2019年に香川照之が銀座ホステスにした行為が炎上しています。

今は2022年ですので3年前の事件になります。

「なぜ3年前の話題が今報道されたのか?」

と疑問に思う方のために、

「今」報道された理由を解説していきたいと思います。

目次

香川照之に性加害報道

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

本日、報道番組「THE TIME,」で香川照之が謝罪しました。

俳優の香川照之が2019年7月に銀座のホステスに対して、性加害を加えていたことが『週刊新潮』の取材により明らかになりました。

胸部を触る、キスをするなどしていたそうです。

結果、銀座ホステスは心的外傷後ストレス障害となりました。

この報道に対して、香川照之の所属事務所は次のようなコメントを発表しています。

本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です。
ご指摘いただいたことを本人は深く反省し、今現在も自らの戒めとしております。
お相手の方には、本人から深い反省と謝罪の気持ちをお伝えし、ご理解とお許しをいただいております。

https://www.cinematoday.jp/news/N0131974

つまり、

・報道は事実
・本人も反省している
・相手にも理解してもらっている

といった内容です。

これに対して、ネットでは

なぜ3年前の事件が「今」報道されたの?

と疑問に思う声が多くありました。

次からその疑問にお答えしていきます。

[quads id=1]

香川照之【性加害】なぜ今報道?

香川照之の性被害事件が3年前にもかかわらず今報道されたのは、次の可能性があります。

①香川照之出演のドラマ・報道番組が「今」まさにテレビ放送している
②被害女性の怒りが「今」なお続いている
③トヨタの株価を下げる政府の陰謀?
④週刊誌の取材が遅く「今」報道している

①香川照之出演のドラマ・報道番組が「今」まさにテレビ放送している

一つ目の理由は『週刊新潮』目線です。

香川照之が出演しているドラマや報道番組が「今」まさに放送しているため、

報道を発表すれば週刊誌の売れ行きが良くなることは間違いありません。

香川照之が出演している番組を挙げると次のようなものがあります。

・Eテレ教養番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」
・報道番組「THE TIME,」
・ドラマ「六本木クラス」

いずれも注目度の高い番組ばかりです。

特に「香川照之の昆虫すごいぜ!」については子供向けの番組だったこともあり、

ネットでは残念がる声が多かったです。

香川照之、カマキリ先生はじまったのが2016年で、2019年にこれは…
子供向け番組やってなくてももちろんダメだけど、これじゃせっかく昆虫好きなった子たちへの裏切りだよ…

②被害女性の怒りが「今」なお続いている

二つ目の可能性は被害女性の銀座ホステスです。

報道によると、この事件後、銀座ホステスは「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」になったという悲惨な状況です。

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」とは

「とても怖い思いをした記憶が整理されず、そのことが何度も思い出されて、当時に戻ったように感じ続ける病気」

と厚生労働省のホームページに記載があります。

被害女性にとっては「性被害」が「死の危険」ほどの不安・緊張があったことがわかります。

さらにこの症状は、事件が起きてから落ち着いていくとは限りません。

事件が起きて数年後に症状が現れる場合もあるそうです。

今回の場合も、事件から1年近くなってから被害女性は裁判を起こしています。

2022年8月時点でも「心的外傷後ストレス障害」の症状が残っている可能性はあります。

③トヨタの株価を下げる政府の陰謀?

日本政府がトヨタのイメージ低下を狙ったという「政府陰謀説」を唱える声も。

実はいま、トヨタと日本政府はバチバチの関係。

まずはEV(電気自動車)の普及を推進したい日本政府に対し、

トヨタは「MIRAI(ミライ)」という「水素自動車」をアピールしており、

真っ向から対立しています。

トヨタ自動車は8月19日~21日に現在開催中のWRC第9戦ラリー・ベルギーに、日本からFCEV(燃料電池車)である「MIRAI(ミライ)」と、水素燃焼エンジンを搭載する「GR YARIS H2」(以下、水素GRヤリス)を同時に持ち込み

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1433485.html

日本政府としては「世界のTOYOTA」に従ってもらわなければ困ります。

狙いは香川照之ではなくトヨタなのかもしれません。

狙いはTOYOTAのイメージ低下だと思う
政府のEV推しに逆らい水素カーを推進

④週刊誌の取材が遅く「今」報道している

最後は『週刊新潮』の調査が遅くなったという場合です。

遅くはなったものの、①で説明したように香川出演番組がリアルタイムで放送していたりすることから、

タイミングとしては狙いどきと捉えた、という仮説です。

ただしこうした性被害の報道は大抵数年前の事件を取り上げることが多いため、可能性としては低いかもしれません。

[quads id=1]

香川照之や世間への影響は?

この衝撃的な事件は香川照之や世間へどのような影響を与えるでしょうか?

整理すると、次のようなものが考えられます。

【香川照之への影響】
・出演番組の降板、出演番組の停止
・多額の賠償金
【世間への影響】
・性被害による「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」への二次被害

出演番組の降板、出演番組の停止

真っ先に思いつくのは出演番組の降板や出演停止です。

性被害をしたのですから当然の対処とも言えますね。

しかしこの可能性は現時点では低いものになっています。

不思議なことに、香川照之の出演番組が次々と「続投」を表明しているのです。

冒頭謝罪動画の「THE TIME,」は取材に対して、

「出演予定に変更はありません」

と発表。

Eテレ教養番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」も

「現時点で、そうした対応(降板や番組停止)を取る予定はありません」

としています。

対応だけ見ると「お咎めなし」とも捉えられる各テレビ局の対応。

何か裏で力が働いているのかは気になるところです。


多額の賠償金

番組の降板や『トヨタイムズ』のCM降板になれば多額の賠償金も発生しますが、

現時点では上記の通り「お咎めなし」のため賠償金の心配はなさそうです。

ただ『トヨタイムズ』のトヨタは世界を代表する企業。

性加害は世界的に「Me Too」運動が盛んになるなど注目度の高いため、

トヨタ社長がどのように判断するのかは注目できます。

性加害による「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」への二次被害

最後に今回の報道が、PTSDの患者に対して二次被害を与える可能性は大きいでしょう。

PTSDは過去のトラウマがフラッシュバックしてくる症状ということは説明しました。

『週刊新潮』の記事内容は、性加害の現場がリアルに想像できる表現をしています。

間もなく香川さんは美麗さんのブラジャーを剥ぎ取り、その匂いを嗅ぎながら彼女をはやし立てました。さらには美麗さんの胸元に手を突っ込んで、胸をもみはじめた。キスまでしていましたからね

https://www.dailyshincho.jp/article/2022/08240600/?all=1

この記事をきっかけに、過去に同様の被害にあった方々がフラッシュバックしてしまうのも無理はありません。

香川には同情しないが、新潮が被害女性に無許可でネタにしてるだけで、彼女が望んで訴えてるわけじゃないんだよね すでに和解してるのに、取り下げた訴状を掘り出して公にした新潮は、被害者の女性に2次被害を与えていると思う

「報道の自由」の垣根がどこにあるのか、という議論もネット上では巻き起こりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次