中居正広さんの体調記事まとめはコチラ

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

統一教会がテレビ局2社と弁護士3名を訴えました。

まず統一教会の訴訟・提訴内容をわかりやすく解説したあと、

統一教会が裁判を起こした理由や裁判でどちらが勝つかを分析します。

目次

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく!|概要

統一教会の訴訟・提訴内容をまとめました。

・統一教会が9月29日にテレビ局2社と弁護士3名を東京地裁に提訴
・計6600万円の損害賠償や謝罪広告をもとめている
・テレビ局は読売テレビとTBS
・弁護士は紀藤正樹と本村健太郎と八代英輝
・3名の弁護士はテレビ局2社の番組にコメンテーターとして出演・発言していた
・表向きの訴訟理由は「名誉毀損」
・統一教会は他のテレビ局・出演者に対する訴訟も検討中と発言

統一教会が提訴

統一教会の会見がこちらの動画です。

9月29日の午後1時に会見を開きました。

統一教会の顧問弁護士から、

① 紀藤正樹弁護士及び読売テレビ放送株式会社
② 本村健太郎弁護士及び読売テレビ放送株式会社
③ 八代英輝弁護士及び株式会社TBSテレビ

それぞれを名誉毀損により民事提訴した、と発言がありました。

計6600万円の損害賠償や謝罪広告をもとめています。

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく!|きっかけの番組は?

統一教会が訴訟・提訴したのはテレビ局は読売テレビとTBSでしたが、

どの番組でのコメンテーターの発言を訴えたのかをまとめました。

・読売テレビ(大阪府)
『情報ライブ ミヤネ屋』
・TBS(東京都)→『ひるおび』

この2番組でのコメンテーターの発言が名誉毀損だったと訴えたのですね。

それぞれの番組について詳しく見ていきましょう。

統一教会が提訴!『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

『情報ライブ ミヤネ屋』は読売テレビの制作番組です。特徴をまとめました。

・2006年から16年間続く長寿番組
・月曜日から金曜日の13:55〜15:50 に生放送
・宮根誠司の冠番組のワイドショー
・宮根誠司の色が濃く、ぶっちゃけトークがウリ

16年間も続く宮根誠司の長寿番組です。

今回の訴訟についても宮根誠司は強く反発。

「我々ミヤネ屋、番組としましては、私も含めてスタッフ一同、これまで通り、旧統一教会の過度な献金、被害者救済、政治家とのかかわりなど、反社会性が指摘される教団の本質的な問題は様々な声、意見を取り上げながら伝え続けたいと思います」

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/29/kiji/20220929s00041000356000c.html

「これまで通り」報道で忖度しないことを明言しています。

統一教会が提訴!『ひるおび』(TBS)

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

『ひるおび』はTBSの制作番組です。特徴をまとめました。

・2009年から13年間続く長寿番組
・月曜日から金曜日の10:25〜13:55に生放送
・ホンジャマカ恵俊彰の冠番組の情報ワイド番組
・ホンジャマカ恵俊彰の攻めたトークがウリ

こちらの「ひるおび」も長寿番組ですね。

朝は「ひるおび」、昼は「ミヤネ屋」という方も多いのではないでしょうか。

ひるおびについては制作元のTBSが、「まだ訴状が届いていない」とし、具体的なコメントを控えています。

「訴状を受け取っておりませんので、コメントを差し控えます」(TBS)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc391381d4e63b05e27d52b79ec9a81857291227

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく!|弁護士3名の発言まとめ

今回訴えられた弁護士は、

・紀藤正樹弁護士
・本村健太郎弁護士
・八代英輝弁護士

の3名です。どのような人物で、どのようなコメントだったのか見てきましょう。

統一教会が提訴!紀藤正樹弁護士

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

生年月日: 1960年11月21日 (年齢 61歳)
出生地: 山口県 宇部市
学歴: 大阪大学
団体: 第二東京弁護士会; リンク総合法律事務所; 全国霊感商法対策弁護士連絡会; 日本脱カルト協会など

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E8%97%A4%E6%AD%A3%E6%A8%B9

紀藤正樹弁護士は『情報ライブ ミヤネ屋』に出演しているコメンテーターです。

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

紀藤正樹弁護士の7月20日『ミヤネ屋』での発言が、

・統一教会は「金を集めるためには何でもする」という発想を持っている
・信者に売春させてまで資金集めをさせている

という印象を与えた、として統一教会は訴訟を起こしました。

紀藤正樹弁護士もこの訴訟に真っ向から反論しています。

私の発言は統一教会への発言ではなく統一教会の分派に対する発言です。私への訴訟は言論への萎縮効果を狙った恫喝訴訟、SLAPPの類です。自らの正当性を言うなら国を訴えるのが筋でしょう。自らの非を改めず民間を訴えること自体が、統一教会の問題を良く現わしています。

https://twitter.com/masaki_kito/status/1575382637371277312

統一教会が提訴!本村健太郎弁護士

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

出生地: 川副町(佐賀県)
生年月日: 1966年12月17日 (年齢 55歳)
身長: 163 cm
学歴: 東京大学法学部卒業
所属: 浅井企画

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E6%9D%91%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E

本村健太郎弁護士は『情報ライブ ミヤネ屋』に出演しているコメンテーターです。

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

本村健太郎弁護士の9月2日『ミヤネ屋』での発言が、

・司法の判断として”統一教会”の活動は布教活動自体が違法であるとすでに認定済み
・完全に司法の判断、場では違法な団体、違法な活動をしている違法な組織と認定済み

という旨の発言をした、として統一教会は訴訟を起こしました。

統一教会が提訴!八代英輝弁護士

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

出生地: 東京都 板橋区
生年月日: 1964年7月8日 (年齢 58歳)
配偶者: 前田華代子
子供: あり
学歴: 慶應義塾大学 (1988年)、 城北埼玉中学・高等学校

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E4%BB%A3%E8%8B%B1%E8%BC%9D

八代英輝弁護士は『ひるおび』に出演しているコメンテーターです。

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

八代英輝弁護士の9月1日『ひるおび』での発言が、

・「この教団がやっている外形的な犯罪行為等・・・」

という旨の発言をした、として統一教会は訴訟を起こしました。

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく!|本当の理由は?

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

統一教会がテレビ局と弁護士を訴えた表上の理由は「名誉毀損」ですが、

本当の理由はスラップ訴訟ではないかと言われています。

スラップ訴訟とは

個人・市民団体・ジャーナリストによる批判や反対運動を封じ込めるために、企業・政府・自治体が起こす訴訟。 恫喝訴訟。 威圧的訴訟。 いやがらせ訴訟。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E8%A8%B4%E8%A8%9F-1726550#:~:text=%E3%80%8A%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%EF%BC%88Slapp%EF%BC%89%E3%81%AF%E3%80%81,%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%9B%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%80%82

というものです。

今回のケースでいうと、統一教会への批判をゆるめないテレビ局2社に対して、

これ以上統一教会への批判・反対の報道をするな!

という牽制のためと思われます。

統一教会が提訴した効果

このスラップ訴訟により、

2番組はもちろん、他のテレビ局やコメンテーターの統一教会批判は少なくなります。

さらに統一教会は、次なる訴訟も検討していると発言しており、

会見では個人のネットの書き込みを引用するなどしていることから、

個人のネット上での発言も少なくなりそうです。

このテレビ局およびネット上の2つを牽制することで世間のイメージ悪化を防ごうというのが狙いです。

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく!|裁判の勝敗は?

統一教会【訴訟・提訴】わかりやすく解説!理由や裁判勝敗は?

この統一教会 VS テレビ局&弁護士の裁判はどちらが勝つのでしょうか。

弁護士の発言が今回の争点となるため、発言自体は本当にあったはずです。

実際の番組の放送を見た統一教会が証拠データとして裁判所に提出するでしょう。

ですので、裁判の勝敗は

・発言が統一教会の実態とあっているか
・発言が実態とあっていないのであれば、どの程度実態とあっていないのか
・発言が実態とあっていないのであれば、どの程度名誉毀損になったか

この3つで大きく決まります。

これらは今後の調査で明らかにはなりますが、

訴えられた紀藤正樹弁護士は、

「私としてはカルト的団体から民事訴訟を提起されることは過去にもいくつもありますので(カルト的団体以外から訴えられたことはありません)粛々と訴訟には対応する予定」

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc1519c7d6375ff98a35bf750879aa90eac6216d

と余裕の発言をしていることから勝機があると考えていると見ていいでしょう。

日本最大級の宗教団体と日本屈指のテレビ局、弁護士軍の裁判結果はいかに、、、

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次