中居正広さんの体調記事まとめはコチラ

りゅうちぇるタトゥーは離婚後に消す?発言の矛盾がヤバい!

りゅうちぇるが離婚後に元妻のぺこと子供のリンク君の名前が彫られたタトゥーを消すのでは?

と話題になっています。

今回は次のテーマについて解説します。

  • りゅうちぇるのタトゥーは離婚後にどうなる?
  • 「抹消説」を濃厚にする「沖縄男あるある」
  • 新妻と再婚した場合は次にタトゥーを入れるのは足?
目次

りゅうちぇるタトゥーは離婚後に消す?

りゅうちぇるタトゥーの離婚後

りゅうちぇるは肩にタトゥーを入れています。

元妻のぺこと子供のリンク君の名前が彫られているんです。

しかしぺこと離婚したことで「タトゥーを消すのでは?」と疑惑が向けられています。

りゅうちぇる
なんかよく分からん理由で離婚したらしい。
タトゥー入れた時に、子供のへの責任だとか頓珍漢なこと言ってたクセに、コレだよ。
そのうち、子供の名前の部分だけ消してたらクソだな。

抹消説の背景はタトゥー当初との「矛盾」

「子供の名前の部分だけ消すのでは?」という、

いわゆる「抹消説」が濃厚なのは、タトゥーを入れた当時にした発言と

現在のりゅうちぇるの行動が矛盾が見られるためです。

そのため、世間の人々から

「一貫性のないりゅうちぇるであれば消しかねない」

と思われてしまっています。

りゅうちぇるタトゥーの離婚後

僕の身勝手な行動で 大切な子供の楽しい思い出作り、人生を邪魔することは絶対しません。

https://www.instagram.com/p/BmvbjKEhX6x/?utm_source=ig_embed&ig_rid=e7a40fe9-1b2c-4a5a-9536-254acfbe0ec1

これは2018年にりゅうちぇるがタトゥーを公表した際のバッシングに対し、

反論した際のインスタグラムから引用しています。

「身勝手な行動で子供の人生を邪魔することは絶対しない」

という宣言でしたが、

子供の人生がハードモードになったという意見が多いです。

りゅうちぇる離婚で1番可哀想なのはどう考えても子供でしょ。名前だってバレてるし学校でも親バレしてるだろうし行きづらくなりそうで可哀想。

この体で、僕は大切な家族の笑顔を守るのです。

https://www.instagram.com/p/BmvbjKEhX6x/?utm_source=ig_embed&ig_rid=e7a40fe9-1b2c-4a5a-9536-254acfbe0ec1

結果だけ見ると、離婚という形になりました。

本人は「親としての責任は取る」と言っていますが、

実質の「父親引退宣言」をしていることから、「親」という責任から逃れたと炎上しています。

りゅうちぇる散々世の中の男に育児論とか夫の在り方とか語ってたくせに、結局自分は男の立場でいるのが辛いからってその責任を離婚して放棄しといた挙句にそれでも家族では在りたいとか我儘すぎない?

りゅうちぇるの矛盾は他にも多数

りゅうちぇるの発言の矛盾はこれだけではありません。

今回の離婚騒動で次のコメントを残しています。

8年前にてこと出逢い、僕はてこを好きになりました。
女性を好きになることは、僕の人生の中で、初めての事でした

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2483ccf42d39667798b9bb713b4fa0c8a8baae8

ぺこに出会うまで女の子を好きになることはなかったが、

「人生で初めて女性を好きになった」というほど、ぺことの出会いは特別なものだったということでしょう。

しかし2017年のAbemaTVで、「小さい頃も女の子が好きだった」という発言をしているのです。

しかし2017年のAbemaTVで、「小さい頃も女の子が好きだった」という発言をしているのです。

「ぶっちゃけ、これで男の子が好きな方がまだわかりやすいし、楽って思っちゃってた。それか普通の男の子になりたいと思ってた。こんなにかわいいものが好きなのに、なんで女の子が好きなんだろうって」と複雑な心境を告白。

https://times.abema.tv/articles/-/2121066

離婚以外の要素で矛盾が多すぎることから叩かれているのではないかと分析されています。

りゅうちぇる普通に離婚だったら何も変なことじゃないから叩かれなかったのに、夫の理想像とか語っちゃったくせに夫でいることがキツいとか、子供作っといて性自認の話出したりとか、離婚ではなくて新しい家族の形とかぼかしたりとか、矛盾したことしまくってるから叩かれるのよね

「タトゥーへの偏見を変える」と発言していたのにも関わらず、

りゅうちぇるがイベントに出演した際に、

偏見を助長する対応だったこともあります。

俺りゅうちぇる嫌いなのは言ってる事とやってる事が矛盾してるから タトゥーを入れた時 偏見を変えて行きたいですとか言ってるクセにイベントの時の質疑応答にタトゥーの話題はNGって言うのはおかしいと思う

タトゥー自体が身体的なリスクがあり、「家族を守る」という行為と矛盾しているとの声も。

りゅうちぇるさんのタトゥー。偏見とかじゃなくて、感染症や、一定期間の輸血が出来ないリスクがあるから、何があっても家族を守る、って宣言と矛盾してないか?って事を言いたいんだな世間は。

[quads id=1]

矛盾の多さは「沖縄男あるある」

なぜりゅうちぇるはここまで矛盾が多いのでしょうか。

今ネットで話題になっているのはりゅうちぇるの出身である、沖縄の県民性です。

りゅうちぇるの出身沖縄は浮気男が多い!

りゅうちぇるの出身、沖縄県ですが

男性の浮気率が47都道府県中4位と非常に高いです。

【男性の浮気率ベスト5】

1位…埼玉県(34.5794%)

2位…京都府(34.4538%)

3位…北海道(32.3529%)

4位…沖縄県(32.0755%)

5位…東京都(31.3725%)

https://smile-agent-shizuoka.com/news/1498

このこともあり、沖縄の風土のせいではないか、という意見が生まれたということですね。

ネット上では沖縄出身には女性に対する扱いが酷い男が多いという意見もありました。

父親が沖縄出身なんだけど、ほんとに周り蒸発したり妊娠させて養育費払わずに逃げてるウォトコ多いらしい りゅうちぇる下手したらそれよりひどくないか?ぺこちゃん精神的にしんどいと思う

他にも、りゅうちぇるの行動は「沖縄男らしい」と妙に納得している声も。

りゅうちぇる
「ガキこさえて タトゥー入れたけど 離婚した」という結果だけ見るなら
“”The 沖縄の男”” なんだよな

沖縄男の中ではマシな方との声も

なんとりゅうちぇるは沖縄男の中ではマシな方との声が多数寄せられています。

沖縄男はもっとすごいという声を紹介します。

まずは沖縄男はそもそも仕事をしていないというものです。

仕事をしていないにしても「うちなーたいむ」がある沖縄はゆるい印象はあります。

りゅうちぇるはちゃんと働いてるからこの程度でThe 沖縄の男とは呼べないでしょ

沖縄ではシングルマザーが多く、養育費も払わず去るという酷いケースが多いと地元民からも報告が。

そう考えると養育費を支払うりゅうちぇるはマシに見えますね。

そんな仲良くない地元に残ってる元同級生(現在22歳)の数人インスタで子供載せるけど父親の影が一切ない人数人いる。沖縄はシングルマザー大国か?😇地元民の私が思う
でも養育費払わず子供に関心無い人多いからりゅうちぇるがマシ(そこ)

最後は沖縄移住10年目の方からのご意見。

沖縄男の悪いところ総まとめのようなツイートが話題を呼んでいます。

沖縄の男は大酒飲みで暴力は振るうわ女癖悪いわ亭主関白のくせに働かないわなのでこの程度でそう呼ぶのは“The 沖縄の男”に失礼

[quads id=1]

新妻と再婚した場合は次にタトゥーを入れるのは足?

矛盾が多いことでタトゥーを消す可能性さえ出ているりゅうちぇる。

新しい妻ができたり新しい子供ができたら

元妻・元子供のタトゥーを残しておくと気まずいかもしれませんね。

離婚後にもし新しい女性と結婚したらタトゥーを入れるでしょうか?

りゅうちぇるは過去に子供の数だけタトゥーを入れると明言しています。

「『子どもができる度にタトゥー入れるの?』とかよく言われるけど、入れます」とキッパリ。子どもの数だけタトゥーを入れていく意向であることを示した。

https://taishu.jp/articles/-/67537?page=1

「次のタトゥーは足?」

と気になるところですが、

今の美容医療ではタトゥー跡は綺麗に消すことができますので、

肩に入れる可能性も否定できません。

過去にインスタで二人目ができたら腕にいれたいとこだわりを話していました。

その質問に対してりゅうちぇるは「えー、どこに入れようかな。腕とかに入れたいなって思ってるんだけど」

https://taishu.jp/articles/-/67537?page=1

ぺことの離婚で懲りた?

しかし今回離婚により、再びタトゥーの話題が炎上しました。

次の新妻や新子供のときタトゥーを入れたら

「元妻ぺこや元子供リンクへの愛は嘘だったのか!」

と言われかねませんね。

さすがのりゅうちぇるもこれ以上のイメージダウンを避けるため、NGの判断を下しそうです。

タトゥーひとつで大きな話題を呼ぶりゅうちぇる。

離婚後も目が離せませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次