中居正広さんの体調記事まとめはコチラ

小室圭のカンニングはガセの理由【3選】試験は現地でスマホ持込不可

小室圭さんがニューヨーク弁護士司法試験の結果、

合格を勝ち取りました。

前回、前々回の試験結果は不合格だったので、3度目の正直ですね。

そんな小室圭さんに

「カンニング」疑惑が浮上しています。

しかし調査すると、カンニングするには

厳しすぎる試験環境であることがわかりました。

今回の記事の内容はコチラ!

・小室圭が2022年7月のNW司法試験に合格
・小室圭にカンニング疑惑が浮上しているがガセ




目次

小室圭がカンニング?司法試験の結果は合格

関係者によりますと、
小室圭さんが今年7月に受験していた、
アメリカニューヨーク州の司法試験について、
小室圭さんが合格したことがわかりました。


これまで小室圭さんは去年7月と今年2月の
2回受験していましたが、どちらも不合格。

小室圭さんの司法試験の結果が発表。

合格であると発表されました。

しかし小室圭さんにカンニングを疑う声が。

小室圭、やはり事前に問題を入手してカンニングしたようですね。 ペーパーテストが終わっただけで、キャラクター&フィットネスがまだなので、不正を通報しましょう。

先月の月刊テーミスだといわゆるカンニング風味がうまくいきましたと小室圭が領事館へ報告した模様と報じられている

しかし調査すると、これはガセであることが判明しました。




小室圭のカンニングはガセの理由【3選】

小室圭さんのカンニングがガセの理由は以下の3つです。

理由①現地受験

カンニングがガセの理由1つ目は「現地受験」だからです。

実は小室圭さんのカンニング説、

「オンライン受験だから替え玉がきくのでは」

という憶測のせいでもありました。

小室圭が受けた弁護士試験って今年はオンライン受験なんかよ。しかも合格率78%あるし、卒業の件さえ揉み消したら替え玉で受かるのか

しかし、今回小室圭さんが受けた試験は

「現地受験」であることがわかりました。

https://higashimachi.jp/people/takuya-murao/

実際に2020年のアメリカの弁護士試験を受けたことのある、

東町法律事務所の村尾弁護士が明かしています。

コロナの影響で、2020年10月試験から2021年7月までは、オンラインで行われていましたが、コロナの感染者が落ち着いたこととオミクロン株が従来株よりも弱毒化していることから、
2022年2月試験は、オンラインではなく、各州内の会場で行われました。

https://higashimachi.jp/column/2841/

小室圭さんはオンラインではなく、現地受験ですから、

替え玉受験もできるわけないですよね笑

オンライン受験はガセでした。

理由②厳しい不正対策

ちなみに、村尾弁護士によると、

ニューヨーク弁護士司法試験の不正対策は

オンラインでもめちゃくちゃ厳しいようです笑

アメリカの司法を支える弁護士を選出するのですから、ある意味当然ですね笑

専用のソフトによって
受験者の顔がビデオで録画され、受験中の音もすべて録音されます。これらの録画・録音データは、
AIによるスクリーニングと司法試験委員のチェックにより、
不正行為があったとみなされた場合には失格となります。

https://higashimachi.jp/column/2841/

オンラインでさえも厳しい不正対策をしているため、現地はなおさらですね。

そのようなニューヨーク弁護士司法試験事務局の

不正対策が徹底されているため、

カンニングを行うのは容易ではありません。

理由③スマホ持込厳禁

アメリカだから意外とゆるくてスマホ持ち込めたんじゃ?

とまだ疑う声がありそうなので、

やはり経験者の村尾弁護士にきいてみましょう!

試験会場には基本的に限られたものしか持込みができず、財布やスマホ、カバンを試験会場外に置いておかなければならないのですが、ロッカーなどは用意されておらず、会場の外の廊下にカバンを置くように指示されました。

https://higashimachi.jp/column/2841/

どんなにフレンドリーなアメリカでも、

さすがにスマホは持ち込めませんでした笑

以上、3つの理由から、小室圭さんがカンニングを行うのはほぼ不可能ということができます。

「えんぴつ15本に回答を書き込んで持ち込んだのでは」

という面白い考察もありましたが、小室圭さんの実力でしたね笑




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次